ポイントサービス




日本の住宅でダーツボードを設置するのは結構大変です。最近の住宅の壁は「石膏ボード」でできているため、5キロのダーツボードをネジ止めすることはできません。また、マンションのコンクリートの壁の場合は、ネジを使うこともできません。ダーツボードに付属しているボード設置用の金具は、2つの木ネジで壁側に取り付け、その小さな金具にダーツボードをフックさせる仕様になっているため、ダーツボードだけご購入頂いただけではボードの設置が難しいのが実情です。

壁の内側にしっかりとした柱がとおっている場合には、その柱に付属の金具を設置しボードを取付けることが可能ですが、賃貸住宅では壁に穴を開けることもできません。そこでDARTS PROJECT STOREではどんな住宅でも対応できるよう、壁に穴 を開けずにダーツボードを取付けられる商品と設置方法をご紹介致します。











日本の住宅は「狭さ」という難点もあります。このダーツスタンドは組立が簡単で、しかも可動式なので使用しない場合には部屋の隅に置くことができ大変便利です。ダーツボードを取り付けるパネル下には点数計算用のパソコンやダーツを置いておくのに便利な棚が3段備え付けられています。壁に穴を開けられないマンションやアパート等にも最適です。

木目調のダーツボード取り付けパネル及び天板は繊維板を重ね合わせたしっかりとした作り。
○耐荷重 ボードパネル:10kg 天板:20kg

組立方の動画をご覧頂けます。






スペースがあまりない部屋でもパーティションを利用する事で、壁に取付けているかのようにスマートにダーツボードを取付ける事が可能になります。白い壁に合わせれば、見た目もスタイリッシュで違和感なく部屋にとけ込みます。格子状のパイプ部分には市販のフック等を使いダーツやフライトを収納出来るようにすれば、完全に自分だけのオリジナル練習場を作る事ができます。


組立方の動画をご覧頂けます。