ポイントサービス

このページでは、ビギナーの方にもっとダーツを楽しんで頂くために、ダーツのアイテムやゲーム等の基本的な部分を分かりやすく ご紹介しています。基本が分かるとダーツの面白さは何倍にも広がります。これからダーツを始めようと思っている方やビギナーの方は、 是非こちらのソフトダーツガイドページをご参考にして頂ければと思います。

ダーツは遠くから見ると1本の矢の様に見えますが、実際はティップ・バレル・シャフト・フライトと細かい4つのパーツで構成されています。 プレイヤーはこの4つのパーツを自分好みにカスタマイズしてダーツを作ります。上級者になればなるほど、この小さなパーツそれぞれに沢山 のこだわりが出てきます。はじめて自分のダーツを買おうと思っている人は、まずは若葉マークのついたビギナーポイントを参考にしながら、 自分のマイダーツを選んでみましょう。

まずはバレルを見ていきましょう。通常ダーツはこのバレル部分を持って投げるのが基本になります。バレルは4つのパ ーツの中で最も重要なアイテムと言えます。バレルの形状が変われば、ダーツの飛び方も変わってきます。それだけこのア イテムは重要な部分ですので、しっかりと特徴を覚えていきましょう。

※上図の同じ番号を参照しながら下記ポイントをチェックしていきましょう。

バレル素材

バレルの素材には主にタングステンという比重の想い合金素材が広く一般的に使用されています。他に真鍮 のブラスやステンレス等があります。ダーツバー等においてあるハウスダーツはブラスで出来ています。軽量で太く 大きいのが特徴です。ステンレスは軽くて、よくフォーム改善等に使用されたりします。

ブラスは初心者にも投げやすく、最初に持つダーツとして良いとされてましたが、 後でタングステンへ移行した時に大きさや重量等で感覚の違いが大きく戸惑ってしまうので、 できればビギナーの方も最初からタングステンを選びましょう。

バレルタイプ

バレルは大きく分けると上図2番の様な3タイプに分けることができます。他に砲弾型と呼ばれる太くて短い極端に前重心の タイプ等もありますが、基本的にバレルはスタンダードかトルピードが主流になります。ストレートタイプは初心者には安 定して投げるのが難しいので前項の2つを覚えておきましょう。

スタンダードタイプは握りやすくコントロールしやすいバレルですが、ビギナーの方には、まずはトルピードタイプをお勧めします。 前が重くなっていて、重さでダーツがしっかり飛んでくれます。初心者にも投げやすいダーツです。

カットタイプ

バレルにはカット(刻み)と呼ばれる凹凸があります。カットは毎回同じ位置を握る為の目安でもあり、投げる時に 力をバレルに伝えやすくする為のものでもあります。また滑り止めの役割にもなっています。最近ではスパイラルや縦ラインなど見た目 を意識した飾り要素の多いバレル等もたくさんあります。

ダーツはきっちりと握る場所や投げ方が決まるまでには時間がかかります。最初は指の引っかかりもよく投げやすい、リングカットや シャークカットか、バレル全体に入っているようなものを選ぶと練習になるでしょう。

ネジ規格

ティップを付けるネジの部分には、凹と凸になった2つの規格があります。どちらも使用することが できますが、ソフトダーツでは2BAのバレルを使用している人が多く、M3(4BA)バレルは主にハードダーツプレイヤーが ソフトダーツを練習する時に、ハードダーツの感覚を狂わせない様に使用します。

ビギナーの方は迷わず2BAバレルを選びましょう。しっかりとダーツを投げれていない状態で、M3(4BA)バレルを使用すると、 バレル前方が極端に重いため、ダーツが狙った所まで届かずに下がってしまいます。

バレルサイズ

バレルは形状だけでなく、太さや長さ、細かく言うと重量までも色々なサイズがあります。 バレルは一番太くなっている部分を最大径としてサイズ表記されます。最大径が太いバレルは 比較的握りやすいバレルが多いです。バレルの特性がわかるまでは、いろいろなバレルを投げて 試してみると良いでしょう。

長い棒と短い棒を槍投げのように投げれば、長い棒のほうが安定することは感覚で分かると思いますが、 バレルも同様に、長いサイズ(目安42cm以上)のほうが安定しますので、出来るだけ長いサイズのバレルを選びましょう。

プルダウンから希望条件を選択して自分にあったバレルを探してみよう。(複数選択すると絞り込んで検索できます。)

バレル素材 バレルタイプ
バレル重量 バレルサイズ
最大径 ネジ規格
販売価格
0 /0
バレルが条件に当てはまりました。

メーカー別にバレルをご覧になりたい場合は、下記チャートをご活用下さい。

国内バレルメーカー

生産国 Made in Japan

国内バレルメーカー>

生産国 Made in UK.NZD.etc

海外メーカー
1000円
~4000円
dmc888 G.T.O. dipper WINMOU Harrows UNICORN
4000円
~8000円
PRO SLOWHAND S-Darts S4 EDGE SPORTS おんくら STARGAZER Fit Barrel moA PUMA
8000円
~12000円
Tripleight GOROOEIGHT USAGI PRISMA TRiNiDAD ixus MONSTER TIGA USAGIEDGE GRRM SHADOW BullsStar
12000円~ DMC samrai Astra Ultime ASUKA

※各メーカー内でも価格の幅がございます。

現在では、たくさんの形状のフライトが各メーカーから発売されていますが、フライトは面積の大きい フライトほどより安定して投げることができます。ダーツは投げたときに前から風を受けます。 その風をフライトが受けることにより、ふらふらしているダーツの姿勢をまっすぐに制御してくれます。 まだしっかりとダーツを投げることのできないビギナーの方は面積の大きいフライトを選びましょう。 フライトの選び方について、より詳しく知りたい方は下記ボタンより、フライトガイドページを ご参照ください。

フライトはカスタマイズして選べる部分!!色々とデザインを楽しみましょう。 よく付け替えるので少し多めに持っておきましょう。

シャフトは、バレルとフライトを結びアイテムで、ダーツ全体のバランスを整える役割も兼ねてます。 素材には主にナイロンやアルミ等が使用されています。長さも短いものから長いものまであり、大きく分けると 4サイズくらいに分けることができます。短いシャフトは早い直線的な軌道でダーツを投げる人に向いてますが 、ダーツ全体の安定感に欠けます。逆に長いシャフトはふわりと弧を描くような軌道に向いており短いシャフトより 安定感があります。一度は色々と投げ比べてみてください。

ダーツ全体は長いほうが投げたときのブレが起きにくいのでビギナーの方はまずは長いサイズのシャフト を使用して練習しましょう。

ティップはダーツボードの面に刺さる部分なので、衝突で途中に折れてしまったり、 しばらく同じティップを使用していると柔らかくなって曲がってしまったりと、4つの パーツの中でも最も消耗の激しいアイテムです。特にビギナーの方の場合、初めは枠の外側 へアウトボードすることも多いので、ティップの折れる量も多いと思います。ダーツを投げに行く時には 、ティップは少し多めに用意しておくと良いでしょう。またバレルで2BAをマイダーツとして選んだ場合には ティップも2BAタイプになります。

ティップは基本的にはじめはロングタイプをお勧めしますが、ティップに関してはそんなに 神経質にならず色々投げ比べてみましょう。

ダーツには消耗するパーツ類をしまっておける小物ケースや壊れた時に直してくれるツール類など様々なアクセサリーアイテムがあります。絶対に必要な物というわけではありませんが、持っていると便利なアイテムがたくさんあります。どのようなアクセサリーがあるのか確認しておくと良いでしょう。


リング&プロテクタ

ツールアイテム類

ダーツ小物ケース類

その他